Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeToFile:atomically:

INDEX>Foundation> NSData

pathで指定したファイルに書き込みます

Objective-C

-(BOOL)writeToFile:(NSString *)path
             atomically:(BOOL)flag

Swift


    

解説

pathで指定したファイルに書き込みます
flagがYESなら、元ファイルを残し、書き終わってからリネームする
パスは絶対パスでないといけないので、(~)を含む場合は事前に変換しておく。
うまくいけばYESを返します。そうでなければNOを返します。

返り値

書き込めたかどうかの論理値

Objective-C

( BOOL )

YES/NO

Swift

true/false

引数

ファイルパス

Objective-C

( NSString * )path

Swift


    

安全に書き込むかYES/NO

Objective-C

( BOOL )flag

Swift


    

クラス

NSData

使用可能

10.0

参照

関連記事(外部サイト)

更新時バージョン

OS X 10.10
iOS 8.0

例文

Objective-C

//testWritetext.txtのファイルが警告無しで下記変わるので注意!!!!
#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
NSString *path = @"~/testWritetext.txt";//ユーザーディレクトリのトップのtestWritetext.txtというファイルへ
NSString *str = @"This is a pen.";
NSData *dat1 = [NSData dataWithBytes:[str cString] length:[str cStringLength]];

if ([dat1 writeToFile:[path stringByExpandingTildeInPath] atomically:YES]){
    NSLog(@"YES");
}else{
    NSLog(@"NO");
}
}

@end

Swift