Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

subarrayWithRange:

INDEX>Foundation>NSArray>subarrayWithRange:

レシーバの配列要素のうちrangeで示された要素を取りだし、新しく配列を作って、返します

編集時バージョン OS X 10.8,iOS6.1

apple(mac)
apple(iOS)

-(NSArray *)subarrayWithRange:(NSRange)range

解説

レシーバの配列の範囲(range)の要素を取りだし、新しく配列を作って返します。
追加される各オブジェクトにはretainメッセージが送信されます。
レシーバの範囲を越えれば、NSRangeExceptionが起こされます。

返り値

( NSArray * )

配列(NSArrayまたはそのサブクラス)

引数

( NSRange )range

範囲

クラス

NSArray

Instance Methods

使用可能

10.0
iOS2.0

参照

例文

NSArray *ar = [NSArray alloc];
ar = [[[NSArray alloc] initWithObjects:@"aaa",@"bbb",@"ccc",nil] subarrayWithRange:NSMakeRange(1,2)];