Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

initWithCapacity:

変更可能な配列を初期化して返します
-(id)initWithCapacity:(NSUInteger)numItems

解説

変更可能な配列を初期化して返します。初期設定としてnumItemsのメモリを割り当てます。
NSMutableArrayは必要に応じて拡張されるため、初期値としてのみ使用されます。
初期化されたオブジェクトは、元のオブジェクトと違っている場合があります。

返り値

( id )

変更可能な配列(NSMutableArrayまたはそのサブクラス)

引数

( NSUInteger )numItems
( unsigned int )numItems

初期設定の容量

クラス

NSMutableArray

Instance Methods

使用可能

10.0
iOS2.0

参照

例文

#pragma mark initWithCapacity:
-(void)method001
{
    NSMutableArray *anArray = [[NSMutableArray alloc] initWithCapacity:0];
    [anArray addObject:@"aaa"];
    [anArray addObject:[NSNumber numberWithFloat:2.0]];
    [anArray addObject:@"bbb"];
    [anArray addObject:@"ccc"];
    
    NSLog(@"%s : %@", __FUNCTION__,[anArray description]);    
    //=>[OOOAppDelegate method001] : (aaa,2,bbb,ccc)
    
    [anArray addObject:@"+++"];
    NSLog(@"%s : %@", __FUNCTION__,[anArray description]);
    //=>[OOOAppDelegate method001] : (aaa,2,bbb,ccc,"+++")
    
    [anArray removeObjectAtIndex:2];
    NSLog(@"%s : %@", __FUNCTION__,[anArray description]);
    //=>[OOOAppDelegate method001] : (aaa,2,ccc,"+++")
}
}

@end