Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

removeObjectAtIndex:

変更可能な配列から番号で指定して要素を取り除きます
-(void)removeObjectAtIndex:(NSUInteger)index

解説

変更可能な配列から番号で指定して要素を取り除きます。その後の位置にある要素のインデックス値を1つ減らします。取り除かれたオブジェクトにはreleaseメッセージが送信されます。
配列の要素数を越えた番号を指定した場合、NSRangeExceptionを起こします。

返り値

( void )

なし

引数

( NSUInteger )index
( unsigned )index

削除するオブジェクトの位置

クラス

NSMutableArray

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSArray *arr1 = [NSArray arrayWithObjects:@"iti", @"ni", nil];
NSMutableArray *muArr = [NSMutableArray arrayWithCapacity:1];
[muArr addObjectsFromArray:arr1];
NSLog([muArr description]);
[muArr removeObjectAtIndex:0];
NSLog([muArr description]);
}

@end