Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-replaceObjectAtIndex:withObject:

INDEX>Foundation>

変更可能な配列の番号で指定した要素をオブジェクトで入れ替えます
-(void)replaceObjectAtIndex:(NSUInteger)index
           withObject:(id)anObject

C言語 配列+ポインタ よくわかる実践学習室 (標準プログラマーズライブラリシリーズ)

C言語 配列+ポインタ よくわかる実践学習室 (標準プログラマーズライブラリシリーズ)


解説

変更可能な配列の番号(index)で指定した要素(anObject)をオブジェクトで入れ替えます。
取り除かれるオブジェクトにはreleaseメッセージが送信され、追加されるオブジェクトにはretainメッセージが送信されます。
番号がレシーバの範囲を越えれば、NSRangeExceptionを起こします。
オブジェクトがnilならNSInvalidArgumentExceptionを起こします。

返り値

( void )

なし

引数

( NSUInteger )index
( unsigned )index


置き換える位置

( id )anObject

置き換えるオブジェクト

クラス

NSMutableArray

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSArray *arr1 = [NSArray arrayWithObjects:@"iti", @"ni",@"sann",@"yonn",@"go", nil];
NSMutableArray *muArr = [NSMutableArray arrayWithCapacity:1];
[muArr addObjectsFromArray:arr1];


[muArr replaceObjectAtIndex:2 withObject:@"change"];
NSLog([muArr description]);
}

@end