Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

dictionaryWithObjectsAndKeys:

Index>Foundation>NSDictionary

交互になったオブジェクトとキーで辞書を作って返します
+(id)dictionaryWithObjectsAndKeys:(id)firstObject, ...

解説

オブジェクト、キー、オブジェクト、キー...と交互になったオブジェクトとキーで辞書を作って返します。
最後はnilにします。
キーにnilの項目があればNSInvalidArgumentExceptionが起こされます。

返り値

( id )

作った辞書、NSDictionaryまたはそのサブクラス

引数

( id )firstObject, ...

可変数のオブジェクト。オブジェクト・キー・オブジェクト・キー...の順で、最後はnilです。

クラス

NSDictionary

Class Methods

使用可能

10.0
iOS2.0以降

参照

- initWithObjectsAndKeys:
+ dictionaryWithObject:forKey:
+ dictionaryWithObjects:forKeys:
+ dictionaryWithObjects:forKeys:count:

例文

#pragma mark NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
-(void)method010
{
    NSDictionary *aDictionary = 
            [NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
             @"value1",@"key1",
             @"value2",@"key2",
             @"value3",@"key3",nil];
    
    NSLog(@"%s aDictionary %p = %@",__FUNCTION__,aDictionary,[aDictionary description]);
    //=>-[OOOAppDelegate method010] aDictionary 0x6a92a30 = {key1 = value1;key2 = value2;key3 = value3;}

}