Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeToURL:atomically:

URLで指定したファイルに辞書の内容を書き込みます
-(BOOL)writeToURL:(NSURL *)sender
          atomically:(BOOL)flag

解説

URL(anURL)で指定したファイルに辞書の内容を書き込みます。
flagがYESなら、元ファイルを残し、書き終わってからリネームします。
書き込み中にエラーが発生したときなどを考えるとYESオプションを使う方が安全です。
ファイルはプロパティリスト形式になります。
ファイルがうまく書き込まれればYESそうでなければNOを返します。

返り値

( BOOL )

YES/NO

引数

( NSURL * )sender

URL

( BOOL )flag

安全に書くかYES/NO

クラス

NSDictionary

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//testWritetext.txtのファイルが警告無しで書き変わるので注意!!!!
NSURL *url = [NSURL fileURLWithPath:@"/testWritetext.txt"];

NSArray *objArr = [NSArray arrayWithObjects:@"iti", @"ni", @"san", nil];
NSArray *keyArr = [NSArray arrayWithObjects:@"1", @"2", @"3", nil];
NSDictionary *dic = 
[[[NSDictionary alloc] autorelease] initWithObjects:objArr forKeys:keyArr];

if ([dic writeToURL:url atomically:YES]){
NSLog(@"saved");
}else{
NSLog(@"not saved");
}
}

@end