Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

addObserver:forKeyPath:options:context:

iOSでは使用出来ません(例外が投げられる)
- (void)addObserver:(NSObject *)observer 
forKeyPath:(NSString *)keyPath options:
(NSKeyValueObservingOptions)options 
context:(void *)context

解説

返り値

(void)

なし

引数

(NSObject *)observer

KVO通知に登録されたオブジェクト
オブザーバーはキーバリューオブザービングメソッド observeValueForKeyPath:ofObject:change:context: を実装しなければいけません。

(NSString *)keyPath

この値はnilではいけない。

(NSKeyValueObservingOptions)options

監視通知を含むNSKeyValueObservingOptions値のコンビネーション

(void *)context

クラス

NSArray

使用可能

10.4

参照

– removeObserver:forKeyPath:
– addObserver:toObjectsAtIndexes:forKeyPath:options:context:

例文