Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-sortedArrayWithOptions:usingComparator:

INDEX>Foundation>NSArray

NSComparatorブロックでソートした配列を返します。
- (NSArray *)sortedArrayWithOptions:(NSSortOptions)opts usingComparator:(NSComparator)cmptr

解説

NSComparatorブロックでソートした配列を返します。

返り値

(NSArray *)

引数

(NSSortOptions)opts

ソート(完全一致か部分一致かなど)のオプションとしてのビットマスク

(NSComparator)cmptr

比較ブロック

クラス

NSArray

使用可能

10.6
iOS4.0

参照

例文

#pragma mark sortedArrayWithOptions:usingComparator:
-(void)method005
{
    NSArray *anArray = 
    [[NSArray alloc] initWithObjects:   @"bbb",@"ggg",@"jjj",
     @"eee",@"fff",@"iii",
     @"ddd",@"hhh",@"aaa",nil];
    
    NSLog(@"005 %@",[anArray description]);
    
    NSArray *sortedArray = [anArray sortedArrayWithOptions:NSSortConcurrent//NSSortStable
                                           usingComparator:^(id obj1,id obj2){
                                return [obj1 compare:obj2];
                            }];
    //NSSortStableは元のソートが保持される
    //NSSortConcurrentは元のソートが保持されない代わりに高速
    NSLog(@"005 %@",[sortedArray description]);
    
    
}

編集時のバージョン

OS X 10.8
iOS 7.0