Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-boundingRectWithSize:options:

オプションの指定で現在のグラフィックコンテキストの内側のレシーバーの描画矩形を計算して返します
-(NSRect)boundingRectWithSize:(NSSize)size:
         options:(NSStringDrawingOptions)options:

黒にんにく くろまる 31片入×2袋

黒にんにく くろまる 31片入×2袋

解説

オプションの指定で現在のグラフィックコンテキストの内側のレシーバーの描画矩形を計算して返します。

返り値

( NSRect )

なし

引数

( NSSize )size
( NSStringDrawingOptions )options

NSStringDrawingUsesLineFragmentOrigin
NSStringDrawingUsesFontLeading
NSStringDrawingDisableScreenFontSubstitution
NSStringDrawingUsesDeviceMetrics
NSStringDrawingOneShot

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSAttributedString

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-drawInRect:

例文

NSRect aRect = [aString boundingRectWithSize:NSMakeSize(10,20) options:NSStringDrawingUsesLineFragmentOrigin];
	NSLog(@"(%d,%d-%d,%d)",aRect.origin.x,aRect.origin.y,aRect.size.width,aRect.size.height);