Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

draggedImage:movedTo:

ドラッグ中に移動した時に呼ばれます
-(void)draggedImage:(NSImage *)draggedImage:
            movedTo:(NSPoint)screenPoint:

解説

ドラッグ中に移動した時に呼ばれます。

返り値

( void )

なし

引数

( NSImage * )draggedImage

画像

( NSPoint )screenPoint

スクリーン位置

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSDraggingSource

Instance Methods

使用可能

10.1

参照

例文

#import "MyImageView.h"

@implementation MyImageView
-(void)awakeFromNib
{
//ドロップされるファイルの登録
NSArray *type = [NSArray arrayWithObjects:NSFilenamesPboardType,NSTIFFPboardType,nil];
[self registerForDraggedTypes:type];
}
-(void)mouseDown:(NSEvent *)event
{

[self dragImage: [self image]//ドラッグ画像
        at: [self bounds].origin//画像をドラッグしはじめる最初の位置
        offset: NSZeroSize//オフセット。NSZeroSizeはオフセット無し。ドラッグしたポイント
        event:event//eventにはマウスダウンイベントが入っている。
        pasteboard:[NSPasteboard generalPasteboard]//レシーバからのペーストボード
        source: self//NSDraggingSourceの記述場所
        slideBack: YES];//


}

-(void)draggedImage:(NSImage *)draggedImage movedTo:(NSPoint)screenPoint
{
NSLog([NSString stringWithFormat:@"move %.1f,%.1f",screenPoint.x,screenPoint.y]);
}

@end