Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeData:

Index>Foundation>NSFileHandle

ファイルハンドルにデータを書きます
-(void)writeData:(NSData *)data:

解説

同期された状態でレシーバのファイル、通信チャンネルにデータ(data)を書き込みます。
レシーバがファイルの場合、ファイルポインタの位置の書き込まれます。データの書き込みが終了すると書き込んだバイト数ファイルポインタの位置が移動します。
ファイルデスクリプタがクローズされている場合や接続されていないパイプやソケットのEOFを表している場合、ファイルシステムに書き込むだけのスペースがない場合は例外が起こります。

返り値

( void )

なし

引数

( NSData * )data

データ

クラス

NSFileHandle

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- availableData
- readDataOfLength:
- readDataToEndOfFile

例文

[handle1 writeData:data];