Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CGDataConsumer

INDEX>CoreGraphics

関数の説明
由来 CFType
フレームワーク ApplicationServices/ApplicationServices.h
定義 CGDataConsumer.h


Apple

解説

 
CGDataConsumerRef オペークタイプはデータの書き込みタスクを抽象化し、生のメモリバッファを介してデータを管理するアプリケーションのため必要がなくなります。あなたはCGDataConsumerCreateWithCFDataを除いて、画像やPDFデータ、すべてを書き込むためにデータのコンシューマオブジェクトを使用することができます、Mac OS X10.0またはそれ以降で利用可能です。
 
アプリケーションをMac OS X10.4以降で実行している場合は、データコンシューマーではなく、CGImageDestinationオブジェクトを使用する必要があります。CGImageDestinationリファレンスを参照してください。


機能別

データコンシューマーを作る

CGDataConsumerCreate
CGDataConsumerCreateWithURL
CGDataConsumerCreateWithCFData

CFType IDの取得

CGDataConsumerGetTypeID

Data Consumerの保持と破棄

CGDataConsumerRelease
CGDataConsumerRetain