Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CGColorSpaceオペークタイプ

INDEXCoreGraphics

カラースペース
由来 CFType Reference
フレームワーク ApplicationServices/ApplicationServices.h
定義 CGColorSpace.h

秋・冬の星座 (カラー版自然と科学 (39))

秋・冬の星座 (カラー版自然と科学 (39))

Apple

解説

概要
 
CGColorSpaceRefオペークタイプは、Quartzの色情報をどのように解釈するかを指定するために使用される色空間情報をカプセル化します。色空間は、色の値が解釈される方法を指定します。色空間は多次元で、各次元は、特定の色成分を表しています。たとえば、RGB色空間のは三次元でそれぞれ赤、緑、青です。各コンポーネントの値は、浮動小数点値で表わされ、色空間に依存します。
 
デバイスの種類が異なれば、(スキャナ、モニタ、プリンタ)別の色空間(RGB、CMYK、グレースケール)内で動作します。また、同じ型の2つのデバイスは、(たとえば、異なるメーカーのカラーディスプレイ)カラーの範囲やガモットが異なりながらもカラースペースと同じ種類の内で動作することができます。カラースペースは出力デバイスに関係なく画像が一貫した表示をする
 
クオーツはいくつかの種類の色空間をサポートしています:
 
キャリブレートされた色空間は異なるデバイス上で表示されたときに同じように表示されていることを確認してください。色の視覚的な外観は、これまでのデバイスの機能が許す限り、保存されています。
デバイス依存のカラースペースは、特定のデバイスの色表現のシステムに接続されています。デバイスの色空間は、忠実な色の再現が必要な場合には推奨されていません。
特別な色空間ーインデックスおよびパターン。インデックスカラースペースは最大256エントリとする、カラーテーブルのエントリがマップされている基本色空間とカラーテーブルが含まれています。カラーテーブル内の各エントリには、ベースカラースペースの1つの色を指定します。パターンカラースペースはパターンを描画したり塗る時に使われます。パターンカラースペースは、Mac OS X10.1以降でサポートされています。

概要

タスク

デバイス依存カラースペースまたはGeneralを作成する

MacOS X 10.4以降、カラースペースは、これらの関数それぞれでGeneralに対応して置き換えられた返します。
CGColorSpaceCreateDeviceCMYK
CGColorSpaceCreateDeviceGray
CGColorSpaceCreateDeviceRGB

特別なカラースペースを作ります。

CGColorSpaceCreateIndexed
CGColorSpaceCreatePattern
CGColorSpaceCreateWithName

カラースペースの保持と破棄

CGColorSpaceRelease
CGColorSpaceRetain