Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSURLHandleクラス

Index>Foundation>

apple(mac)

解説

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 Mac OS X v10.0以降
定義

概要

適合するプロトコル

メソッド

Constructing NSURLHandles

+ cachedHandleForURL OS X v10.4 で使用停止
– initWithURL:cached OS X v10.4 で使用停止

Managing Subclasses

+ canInitWithURL OS X v10.4 で使用停止
+ registerURLHandleClass OS X v10.4 で使用停止
+ URLHandleClassForURL OS X v10.4 で使用停止

Managing Clients

– addClient OS X v10.4 で使用停止
– removeClient OS X v10.4 で使用停止

Setting and Getting Resource Properties

– propertyForKey OS X v10.4 で使用停止
– propertyForKeyIfAvailable OS X v10.4 で使用停止
– writeProperty:forKey OS X v10.4 で使用停止

Loading Resource Data

– availableResourceData OS X v10.4 で使用停止
– backgroundLoadDidFailWithReason OS X v10.4 で使用停止
– beginLoadInBackground OS X v10.4 で使用停止
– cancelLoadInBackground OS X v10.4 で使用停止
– didLoadBytes:loadComplete OS X v10.4 で使用停止
– endLoadInBackground OS X v10.4 で使用停止
– expectedResourceDataSize OS X v10.4 で使用停止
– failureReason OS X v10.4 で使用停止
– flushCachedData OS X v10.4 で使用停止
– loadInBackground OS X v10.4 で使用停止
– loadInForeground OS X v10.4 で使用停止
– resourceData OS X v10.4 で使用停止
– status OS X v10.4 で使用停止

Writing Resource Data

– writeData OS X v10.4 で使用停止

サブクラス化の注意

引数

参照

メソッド