Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

beginSheetForDirectory:file:types:modalForWindow:modalDelegate:didEndSelector:contextInfo:

ファイルオープンシートを作って返します
-(void)beginSheetForDirectory:(NSString *)path:
             file:(NSString *)name:
             types:(NSArray *)fileTypes:
             modalForWindow:(NSWindow *)docWindow:
             modalDelegate:(id)delegate:
             didEndSelector:(SEL)didEndSelector:
             contextInfo:(void *)contextInfo:

解説

ファイルオープンシートを作って返します。
モーダルセッションが終わるとき、didEndSelectorが呼び出されます。

  • (void)openPanelDidEnd:(NSOpenPanel *)sheet returnCode:(int)returnCode contextInfo:(void *)contextInfo

を使います

返り値

( void )

なし

引数

( NSString * )path

ファイルパス

( NSString * )name

ファイル名

( NSArray * )fileTypes

ファイルタイプ

( NSWindow * )docWindow

シートをつけるウインドウ

( id )delegate

デリゲート

( SEL )didEndSelector

シートを閉じるときに呼ばれるメソッド

( void * )contextInfo

追加情報

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSOpenPanel

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

[panel beginSheetForDirectory:filePath
file:nameForSaving
modalForWindow:[self window]
modalDelegate:self
didEndSelector:@selector(openPanelDidEnd:returnCode:contextInfo:) contextInfo:docInfo];