Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

initWithContentsOfFile:byReference:

パスで指定したファイルからサウンドオブジェクトを初期化して返します
-(id)initWithContentsOfFile:(NSString *)path:
             byReference:(BOOL)byRef:

解説

パスで指定したファイルからサウンドオブジェクトを初期化して返します。
byRefがYESなら参照で保存します。NOならデータを保存します。

返り値

( id )

サウンド

引数

( NSString * )path

パス

( BOOL )byRef

参照か

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSSound

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
    //開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *imgTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"aiff" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opPanel       = [ NSOpenPanel openPanel ];
    //Imageを作る
    NSSound      *snd;
    //OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;
     
        //OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opPanel runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
                                     file : @"Music" //どのファイルを選択しておくか
                                    types : imgTypes ];//選べるファイルタイプ

    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら
        //ファイルから読み込んでNSSoundをつくる
        snd = [ [ NSSound alloc ] 
                          initWithContentsOfFile: [ opPanel filename ] byReference:YES];
[snd play];
    }
}

@end