Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

showHelp:

INDEX>AppKit>NSApplication

ヘルプを表示します

Objective-C

- (void)showHelp:(id)sender

Swift

func showHelp(_ sender: AnyObject?)

解説

ヘルプを表示します。
プロジェクトビルダーを使ってヘルプファイルを指定します。
Info.plistにCFBundleHelpBookFolderとCFBundleHelpBookNameのキーを作って、それぞれパス名、ルートファイル名を文字列で記入します。
HPDBookIconPath

CFAppleHelpAnchor
Help/index.html

CFBundleHelpBookFolder
Help

f:id:jjj777:20150201210338p:plain

ヘルプファイルはHTMLファイルで、"AppleTitle"というタグをつけて、バンドルファイルにフォルダごと登録します。

返り値

なし

引数

Objective-C

( id )sender

Swift

_ sender: AnyObject?

送信オブジェクト

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSApplication

使用可能

10.0

編集時のバージョン

10.10

関連記事(外部サイト)

MacWiki - ヘルプ作成のノウハウ


Introduction to Apple Help Programming Guide

例文

Objective-C

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
[[NSApplication sharedApplication] showHelp:nil];


}


@end

Swift

//NSApplication showHelp
    @IBAction func function051(sender: AnyObject) {
        //共有アプリケーションインスタンスを取得
        let anApplication = MyApplication.sharedApplication()
        //
        anApplication.showHelp(self)
    }