Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSManagedObject

willTurnIntoFault

** 解説 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject 使用可能 10.5 参照 例文

hasFaultForRelationshipNamed:

** -(BOOL)hasFaultForRelationshipNamed:(NSString *)key : 解説 返り値 ( BOOL ) 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject 使用可能 10.5 参照 例文

willSave

保存しようとするときに呼び出されます 解説 保存しようとするときに呼び出されます 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

willChangeValueForKey:

キーで値を変更しようとする時に呼び出されます -(void)willChangeValueForKey:(NSString *)key: 解説 キーで値を変更しようとする時に呼び出されます。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Insta…

willAccessValueForKey:

キーでアクセスしようとする値を返します -(void)willAccessValueForKey:(NSString *)key: 解説 キーでアクセスしようとする値を返します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods …

valueForKey:

キーで値を返します -(id)valueForKey:(NSString *)key: 解説 キーで値を返します set/getのアクセッサメソッドは使わず、こちらを使うようにします。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObje…

validateValue:forKey:error:

** -(BOOL)validateValue:(id *)value: forKey:(NSString *)key: error:(NSError **)error: 解説 与えられたキーでプロパティ値を有効にします。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( id * )value ( NSString * )key ( NSError ** )error フレームワーク CoreData…

validateForUpdate:

アップデートできるかを返します -(BOOL)validateForUpdate:(NSError **)error: 解説 アップデートできるかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSError ** )error フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 …

validateForInsert:

レシーバーに挿入できるかを返します -(BOOL)validateForInsert:(NSError **)error: 解説 レシーバーに挿入できるかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSError ** )error フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可…

validateForDelete:

削除できるかを返します -(BOOL)validateForDelete:(NSError **)error: 解説 削除できるかを返します。 削除できるならYESを返します。そうでなければNOを返し、NSErrorで問題の内容を返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSError ** )error フレーム…

setValue:forKey:

管理オブジェクトに指定したキーで値をセットします -(id)setValue:(id)value: forKey:(NSString *)key: 解説 管理オブジェクトに指定したキーで値をセットします。サブクラスはこのメソッドにオーバーライドしてはいけません 返り値 ( id ) オブジェクト(…

setPrimitiveValue:forKey:

キーでプリミティブ値をセットします -(id)setPrimitiveValue:(id)value: forKey:(NSString *)key: 解説 キーでプリミティブ値をセットします。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( id )value ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManag…

primitiveValueForKey:

キーでプリミティブ値を返します -(id)primitiveValueForKey:(NSString *)key: 解説 キーでプリミティブ値を返します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 …

objectID

オブジェクトIDを返します 解説 オブジェクトIDを返します 返り値 ( NSManagedObjectID * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

managedObjectContext

レシーバの管理オブジェクトコンテキストを返します 解説 レシーバの管理オブジェクトコンテキストを返します。 返り値 ( NSManagedObjectContext * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

isUpdated

アップデートされたかを返します 解説 アップデートされたかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

isInserted

挿入されたかを返します 解説 挿入されたかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

isDeleted

** 解説 レシーバーが次のセーブと一緒に削除しようとしたかどうかを示すブール値を返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

isDeleted

削除されたかを返します 解説 削除されたかを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithEntity:insertIntoManagedObjectContext:

エンティティとコンテキストで管理オブジェクトを初期化します -(id)initWithEntity:(NSEntityDescription*)entity: insertIntoManagedObjectContext:(NSManagedObjectContext*)context: 解説 エンティティとコンテキストで管理オブジェクトを初期化します。…

entity

レシーバーが所属するエンティティを返します 解説 レシーバーが所属するエンティティを返します。 返り値 ( NSEntityDescription* ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

didTurnIntoFault

** 解説 調査中...レシーバーがfaultに変わったときコアデータフレームワークによって自動的に起動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

didSave

保存されたときに呼び出されます 解説 保存されたときに呼び出されます。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 -(void)didSave { NSLog(@"didSave"); }

didChangeValueForKey:

キーで変更された値を返します -(void)didChangeValueForKey:(NSString *)key: 解説 キーで変更された値を返します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例…

didAccessValueForKey:

キーでアクセスされた値を返します -(void)didAccessValueForKey:(NSString *)key: 解説 キーでアクセスされた値を返します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4…

committedValuesForKeys:

キーでコミットされた値を返します -(NSDictionary *)committedValuesForKeys:(NSArray *)keys: 解説 キーでコミットされた値を返します 返り値 ( NSDictionary * ) なし 引数 ( NSArray * )keys フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance M…

changedValues

管理オブジェクトの変更された値を返します 解説 管理オブジェクトの変更された値を返します。 返り値 ( NSDictionary * ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

awakeFromInsert

挿入されたときに呼び出されます 解説 挿入されたときに呼び出されます 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 - (void) awakeFromInsert { }

awakeFromFetch

取り出されたときに呼び出されます 解説 取り出されたときに呼び出されます。 フレームワークから自動的に起動される。 サブクラスでは、自身を初期化する前にsuperを呼び出さないといけない。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク CoreData クラス NS…

automaticallyNotifiesObserversForKey:

キーで通知をするかを返します +(BOOL)automaticallyNotifiesObserversForKey:(NSString *)key: 解説 キーで通知をするかを返します 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 ( NSString * )key フレームワーク CoreData クラス NSManagedObject Class Methods 使用可能…