読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

SKViewクラス

INDEX>SpriteKitフレームワーク>

継承 UIView : UIResponder : NSObject
準拠 NSCoding (UIView)
UIAppearance (UIView)
UIAppearanceContainer (UIView)
UIDynamicItem (UIView)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/SpriteKit.framework
使用可能 iOS 7.0以降
定義 SKView.h

概要

SKViewオブジェクトはSprite Kitコンテンツのビューです。
このコンテンツはSKSceneオブジェクトによって提供されます。

メソッドとプロパティ

シーンの表示

– presentScene:
  シーンを表示します。
– presentScene:transition:
scene property

シーンのポーズ

paused property

シーンのコンテンツから画像を取得

– textureFromNode:

コアアニメーションとスプライトレンダリングの同期

asynchronous property

デバッグ情報の表示

showsFPS property
showsDrawCount property
showsNodeCount property

シーン座標とビュー座標との変換

– convertPoint:fromScene:
– convertPoint:toScene:

フレームレートの取得

frameInterval property

シーンのレンダリング順の設定

ignoresSiblingOrder property

参照

編集時のバージョン

OS X 10.9
iOS 7.0