Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

launchApplication:showIcon:autolaunch:

INDEX>AppKit>NSWorkspace

アプリケーション名を指定して起動します、このメソッドの使用は現在推奨されていません

Objective-C

- (BOOL)launchApplication:(NSString *)appName
                 showIcon:(BOOL)showIcon
               autolaunch:(BOOL)autolaunch

Swift

func launchApplication(_ appName: String,
              showIcon showIcon: Bool,
            autolaunch autolaunch: Bool) -> Bool
-(BOOL)launchApplication:(NSString *)appName:
             showIcon:(BOOL)showIcon:
             autolaunch:(BOOL)autolaunch:

解説

アプリケーション名(appName)を指定して起動します。
このメソッドの使用は現在推奨されていません。
showIconがNOなら、アプリケーションのアイコンはドックに表示されません。
autolaunchがYESなら、アプリケーションはシステム起動時に起動する。
このメソッドは、ユーザーインターフェースのないデーモンアプリケーションを実行するために使われます。普通のアプリケーションには使いません。
起動できればYESを返します。
そうでなければNOを返します。
起動する前にNSWorkspaceの通知センターにNSWorkspaceWillLaunchApplicationNotificationをポストします。
起動し終わるとき、NSWorkspaceDidLaunchApplicationNotificationをポストします。

返り値

起動できたかYES/NO
Objective-C

- (BOOL)launchApplication:(NSString *)appName
                 showIcon:(BOOL)showIcon
               autolaunch:(BOOL)autolaunch

Swift

func launchApplication(_ appName: String,
              showIcon showIcon: Bool,
            autolaunch autolaunch: Bool) -> Bool

引数

アプリ名
Objective-C

- (BOOL)launchApplication:(NSString *)appName
                 showIcon:(BOOL)showIcon
               autolaunch:(BOOL)autolaunch

Swift

func launchApplication(_ appName: String,
              showIcon showIcon: Bool,
            autolaunch autolaunch: Bool) -> Bool

アイコンの表示YES/NO
Objective-C

- (BOOL)launchApplication:(NSString *)appName
                 showIcon:(BOOL)showIcon
               autolaunch:(BOOL)autolaunch

Swift

func launchApplication(_ appName: String,
              showIcon showIcon: Bool,
            autolaunch autolaunch: Bool) -> Bool

自動起動するかYES/NO
Objective-C

- (BOOL)launchApplication:(NSString *)appName
                 showIcon:(BOOL)showIcon
               autolaunch:(BOOL)autolaunch

Swift

func launchApplication(_ appName: String,
              showIcon showIcon: Bool,
            autolaunch autolaunch: Bool) -> Bool

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.0

参照

- launchApplication:

更新時のバージョン

OS X 10.10

関連記事(外部サイト)

例文

Objective-C

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
[[NSWorkspace sharedWorkspace] 
    launchApplication:@"QuickTime Player"
    showIcon:NO
    autolaunch:NO
    ];

}

@end

Swift