Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

openFile:

INDEX>AppKit>NSWorkspace

指定したファイルを初期設定のアプリケーションで開きます

Objective-C

- (BOOL)openFile:(NSString *)fullPath

Swift

func openFile(_ fullPath: String) -> Bool

解説

指定したファイル(fullPath)を初期設定のアプリケーションで開きます。
開くことができればYES(true)を返します。
そうでなければNO(false)を返します。

返り値

開けたかYES/NO(true/false)
Objective-C

(BOOL)

Swift

Bool

引数

フルパス
Objective-C

(NSString *)fullPath

Swift

(_ fullPath: String)

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.0-
10.6-スレッドセーフ

参照

openFile:fromImage:at:inView: 非推奨
openFile:withApplication:
openFile:withApplication:andDeactivate:
openTempFile: 非推奨

更新時のバージョン

OS X 10.10.3
Swift1.2

関連記事(外部サイト)

stackoverflow.com

例文

Objective-C

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
//開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *fileTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"tiff" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opPanel       = [ NSOpenPanel openPanel ];
//OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;
    BOOL	openResult;
//OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opPanel runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
                                     file : @"Pictures" //どのファイルを選択しておくか
                                    types : fileTypes ];//選べるファイルタイプ
    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら
        openResult = [[NSWorkspace sharedWorkspace] openFile:[ opPanel filename ] ];
    }
}

@end

Swift

    //NSWorkspace openFile()
    @IBAction func function003(sender: AnyObject) {
        let theWorkspace : NSWorkspace = NSWorkspace.sharedWorkspace()
        if theWorkspace.openFile("/Applications/Font Book.app") {
            NSLog("OK")
        }else{
            NSLog("NO")
        }
    }