Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

fontWithName:size:

フォントオブジェクトを作って返します
+(NSFont *)fontWithName:(NSString *)fontName:
             size:(float)fontSize:

解説

フォントオブジェクト(NSFont)を作って返します。

返り値

( NSFont * )

フォント

引数

( NSString * )fontName

フォント名

( float )fontSize

フォントサイズ(point)

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSFont

Class Methods

使用可能

10.0

参照

- isFlipped (NSView)

例文

#import "MyView.h"

//MyViewはNSViewのサブクラス
@implementation MyView

-(void)drawRect:(NSRect)rect
{
	NSFont *font =[NSFont fontWithName:@"Osaka" size:100.0];				//普通に作る時はこっち
	//NSFont *font =[NSFont fontWithName:@"KozMinPro-Light" size:100.0];	//グリフIDのマッピングがOsakaとは違う
	//NSFont *font =[NSFont fontWithName:@"HiraMinPro-W3" size:100.0];		//グリフIDのマッピングがOsakaとは違う
	
	NSBezierPath *thePath = [NSBezierPath bezierPath];
	NSGlyph glyphID[8];
			glyphID[0]=70;
			glyphID[1]=99;
			glyphID[2]=106;
			glyphID[3]=106;
			glyphID[4]=109;
			glyphID[5]=2284;
			glyphID[6]=1064;
			glyphID[7]=262;

			[thePath moveToPoint:NSMakePoint(10,10)];
			[thePath appendBezierPathWithGlyphs:&glyphID[0]
										count:8
										inFont:font
											];


			[[NSColor blueColor] set];
			[thePath fill];

}

@end