Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

statusItemWithLength:

ステータスバーにステータス項目を作って返します
-(NSStatusItem*)statusItemWithLength:(float)length:

解説

ステータスバーにステータス項目を作って返します。
ステータスバーはステータス項目の参照を保持しません。
【length】
0以上の数 ピクセル数
この他に定数があります。
● NSVariableStatusItemLength 必要なピクセル数可変します。
● NSSquareStatusItemLength

返り値

( NSStatusItem* )

NSStatusItemオブジェクト

引数

( float )length

設定するピクセル数

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSStatusBar

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- removeStatusItem:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSStatusBar *sBar = [NSStatusBar systemStatusBar];
NSStatusItem *sItem = [sBar statusItemWithLength:NSVariableStatusItemLength];
[sItem retain];
[sItem setTitle: NSLocalizedString(@"SB_title",@"")];
[sItem setHighlightMode:YES];
[sItem setMenu:sbMenu];

NSLog([NSString stringWithFormat:@"%.1f",[sItem length]]);
}

@end