Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

characterRangeForGlyphRange:actualGlyphRange:

指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します
-(NSRange)characterRangeForGlyphRange:(NSRange)glyphRange:
          actualGlyphRange:(NSRangePointer)actualGlyphRange:

解説

レシーバーのテキストストアがglyphRangeでグリフにマップされた文字の範囲を返します。
もしactualGlyphRangeがnilでなければ

必要な
依頼範囲の規模が大きくなる
必要なすべてのグリフ
マップする
これらの文字
そして
actualGlyphRangeの参照の
新しい範囲を返します。

サブクラスはカスタムグリフストレージ作用するこのメソッドをオーバーライドできます。

返り値

( NSRange )

なし

引数

( NSRange )glyphRange
( NSRangePointer )actualGlyphRange

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSTypesetter

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-glyphRangeForCharacterRange:actualCharacterRange:

例文