Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setFrame:display:animate:

INDEX>AppKit> NSWindow

ウインドウフレームをセットします(アニメーション移動)
- (void)setFrame:(NSRect)windowFrame
         display:(BOOL)displayViews
         animate:(BOOL)performAnimation
func setFrame(_ windowFrame: NSRect,
      display displayViews: Bool,
      animate performAnimation: Bool)

解説

ウインドウフレームをセットします。
アニメーションを使って滑らかに移動します
flagがYESならdisplayIfNeeded メッセージを送信します。
座標位置は±16,000、サイズは10,000までが有効です。
リサイズのための全体の時間は、animationResizeTimeによって指定されています。

f:id:jjj777:20150319080244g:plain

返り値

なし

引数

範囲

- (void)setFrame:(NSRect)windowFrame
func setFrame(_ windowFrame: NSRect,

すぐ表示YES/NO

         display:(BOOL)displayViews
      display displayViews: Bool,

アニメーション表示YES/NO

         animate:(BOOL)performAnimation
      animate performAnimation: Bool)

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

使用可能

10.1

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSRect contentRect;

contentRect = [myWindow frame];

[myWindow setFrame:NSMakeRect(300.0,300.0,500.0,500.0) display:YES animate:YES];

[info setStringValue:[NSString stringWithFormat:@"%.1f,%.1f,%.1f,%.1f",contentRect.origin.x,contentRect.origin.y,contentRect.size.width,contentRect.size.height]];

}
@end