Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

takeObjectValueFrom:

INDEX>AppKit>NSControl

メッセージ送信元オブジェクトのオブジェクトをコントロールにセットします

Objective-C

- (void)takeObjectValueFrom:(id)sender

Swift

func takeObjectValueFrom(_ sender: AnyObject?)

解説

メッセージ送信元オブジェクト(sender)のオブジェクトをコントロールにセットします。
複数のセルを持つコントロール(NSMatrixなど)なら選択されたセルの値にセットします。

返り値

Objective-C

( void )

Swift

なし

引数

Objective-C

( id )sender

Swift

送信オブジェクト

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSControl

使用可能

10.0

参照

例文

[myOutlet takeObjectValueFrom:sender];

更新時のバージョン

OS X 10.10.3
Swift1.2