Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setAlertStyle:

INDEX>AppKit>NSAlert>

アラートウインドウのスタイルをセットします

プロパティ値で設定しますのでsetAlertStyle:は使いません。
alertStyleを使用します。

@property NSAlertStyle alertStyle
var alertStyle: NSAlertStyle

解説

アラートウインドウのスタイルをセットします。
表示する前にセットしなければいけません。
NSAlertStyle】アラートスタイル
●NSWarningAlertStyle
●NSInformationalAlertStyle
●NSCriticalAlertStyle 黄色いビックリマーク付き

返り値

( void )

なし

引数

( NSAlertStyle  )style

アラートスタイル

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSAlert

使用可能

10.3

参照


NSAlertStyle - Cocoa API解説(iOS/OS X)

例文

[alert setAlertStyle:NSCriticalAlertStyle];
//NSApplication
    @IBAction func function005(sender: AnyObject) {
        //なにかモーダルがあっても終わり
        NSApp.abortModal()
        
        //テキストの作成
        let messageText:String = "Message text" as String
        let informativeText:String = "Information text" as String
        //NSAlertの作成
        let alert:NSAlert = NSAlert()
        alert.alertStyle = .WarningAlertStyle
        alert.messageText = messageText
        alert.informativeText = informativeText
        //alert.alertStyle = .CriticalAlertStyle
        let response:Int = alert.runModal()
        switch alert.alertStyle {
        case .WarningAlertStyle :
            NSLog("WarningAlertStyle")
            break
        case .InformationalAlertStyle :
            NSLog("InformationalAlertStyle")
            break
        case .CriticalAlertStyle :
            NSLog("CriticalAlertStyle")
            break
        default :
            break
        }

    }