Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

makeObjectsPerformSelector:withObject:

配列オブジェクトの要素に対してaSelectorのメッセージを引数付きで送ります
-(void)makeObjectsPerformSelector:(SEL)aSelector
      withObject:(id)anObject

解説

配列オブジェクトの要素に対してaSelectorのメッセージを引数付きで送ります。
引数としてanObjectが送信されます。
配列を修正するためにこのメソッドを使用すべきではありません。
aSelectorがNULLであればNSInvalidArgumentException が起こります。

返り値

( void )

なし

引数

( SEL )aSelector

アクションセレクタ

( id )anObject

オブジェクト

クラス

NSArray

Instance Methods

使用可能

10.0
iOS2.0

参照

- makeObjectsPerformSelector:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSArray *arr =[[NSArray alloc] initWithObjects:but1,but2,but3,nil];

[arr makeObjectsPerformSelector: @selector(sendSel:) withObject:@"???"];

}

@end