Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

CGFunctionEvaluateCallback

INDEX>CoreGraphics>CGFunction

入力データを供給して、出力データを作るカスタムオペレータ

コールバック関数

typedef void (*CGFunctionEvaluateCallback) (
   void *info,
   const float *inData,
   float *outData
);


たとえば関数名をMyCGFunctionEvaluateとするなら、以下のように書きます。

void MyCGFunctionEvaluate (
   void *info,
   const float *inData,
   float *outData
);

解説

入力データを供給して、出力データを作るカスタムオペレータ

返り値

引数

info
CGFunctionCreateに渡すパラメータ情報

inData
浮動小数点(float)の配列。
配列のサイズはCGFunctionCreate関数にdomainDimensionパラメータを渡して指示します。

フレームワーク

CoreGraphics

参照