Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-readDataOfLength:

INDEX>Foundation>NSFileHandle

指定した長さ分データを読んで返します
-(NSData *)readDataOfLength:(NSUInteger)length:

データサイエンティスト完全ガイド (日経BPムック)

データサイエンティスト完全ガイド (日経BPムック)

解説

指定した長さ分データを読んで返します。
レシーバがファイルならファイルポインタの位置からlengthで指定された長さ(最大でファイルの終わりまで)まで読み込んだデータを返します。
レシーバが通信チャンネルの場合には、そのチャンネルからlengthで指定された位置まで読み込んだデータを返します。

ファイルポインタが、ファイルの最後にある場合、通信チャンネルからEOF(ファイルの終端)が返された場合、空のNSDataが返されます。
ファイルハンドルタイプの決定に失敗したり、読み込みに失敗した場合はNSFileHandleOperationExceptionを起こします。

返り値

( NSData * )

読んだデータ

引数

( NSUInteger )length

読む長さ

クラス

NSFileHandle

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- availableData
- readDataToEndOfFile

例文

NSLog([[handle3 readDataOfLength:10] description]);