Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

openURL:

INDEX>AppKit>NSWorkspace

urlで指定される場所を設定されたブラウザで開きます

Objective-C

- (BOOL)openURL:(NSURL *)url

Swift

func openURL(_ url: NSURL) -> Bool

解説

urlで指定される場所を設定されたブラウザで開きます。
開くことができればYESを返します。
そうでなければNOを返します。

返り値

開けたかYES/NO
Objective-C

(BOOL)

Swift

Bool

引数

開くURL
Objective-C

(NSURL *)url

Swift

(_ url: NSURL)

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.0-
10.6-スレッドセーフ

参照

更新時のバージョン

OS X 10.10

例文

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
BOOL openResult;
openResult = [[NSWorkspace sharedWorkspace] openURL:[NSURL URLWithString:@"http://www.oomori.com/" ] ];
}

@end

Swift

    //NSWorkspace openURL()
    @IBAction func function002(sender: AnyObject) {
        let theWorkspace : NSWorkspace = NSWorkspace.sharedWorkspace()
        let theURL : NSURL = NSURL(string: "http://cocoaapi.hatenablog.com/")!
        
        if theWorkspace.openURL(theURL){
            NSLog("OK")
        }else{
            NSLog("NO")
        }
    }