Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

ALAssetsLibraryクラス

INDEX>AssetsLibraryフレームワーク>ALAssetsLibrary

図解でわかる はじめてのデジタル画像処理

図解でわかる はじめてのデジタル画像処理

最終更新

20110416

解説

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/AssetsLibrary.framework
使用可能 iOS 4.0 以降
定義 ALAssetsLibrary.h

概要

ALAssetsLibraryのインスタンスはPhotosアプリケーションで管理される
ビデオと写真を表します。
ライブラリは
フォトアルバムに保存されたもの(iTunesとデバイスから直接来たものを含む。)を含みます。

allocとinitを使ってALAssetsLibraryのインスタンスを作るには

ALAssetsLibrary* library = [[ALAssetsLibrary alloc] init];

機能別

アセットを探す

– assetForURL:resultBlock:failureBlock:

アセットの列挙

– enumerateGroupsWithTypes:usingBlock:failureBlock:

アセットの保存

– writeVideoAtPathToSavedPhotosAlbum:completionBlock:
– videoAtPathIsCompatibleWithSavedPhotosAlbum:
– writeImageToSavedPhotosAlbum:orientation:completionBlock:
– writeImageDataToSavedPhotosAlbum:metadata:completionBlock:
– writeImageToSavedPhotosAlbum:metadata:completionBlock:

サブクラス化の注意

定数

ALAssetsGroupType
ALAssetOrientation
ALAssetsLibraryGroupsEnumerationResultsBlock
ALAssetsLibraryAssetForURLResultBlock
ALAssetsLibraryWriteImageCompletionBlock
ALAssetsLibraryWriteVideoCompletionBlock
ALAssetsLibraryAccessFailureBlock

通知

ALAssetsLibraryChangedNotification