Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

windowNumber

INDEX>AppKit>NSWindow

ウインドウデバイスの番号

Objective-C

@property(readonly) NSInteger windowNumber

Swift

var windowNumber: Int { get }

解説

ウインドウデバイスの番号を返します。
イベントが起こったウインドウを特定するときに使います。
アプリケーションでそれぞれのウインドウでバイス番号は固有の番号が付けられています。
これはウインドウサーバーでのグローバルウインドウ番号とは異なります。
この番号は、Application Kit関数 NSWindowList と NSConvertWindowNumberToGlobalや orderWindow:relativeTo メソッドでウインドウデバイスを特定するときに使う事が出来ます。
もしレシーバーがウインドウデバイスを持たなければ0以下の値を返します。

設定値

Objective-C

@property(readonly) NSInteger windowNumber

Swift

var windowNumber: Int { get }

整数値

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

使用可能

10.0

参照

- initWithContentRect:styleMask:backing:defer:
- setOneShot:

NSWindowList()(Appkit関数)
orderWindow:relativeTo:

関連記事(外部リンク)

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
[info setStringValue:[NSString stringWithFormat:@"windowNumber %d",[myWindow windowNumber]]];
}
@end

Swift

//NSWindow windowNumber
    @IBAction func function021(sender: AnyObject) {
        var aWindow : NSWindow = NSWindow(contentRect: NSMakeRect(0.0, 0.0, 300, 200), styleMask: NSTitledWindowMask | NSClosableWindowMask | NSMiniaturizableWindowMask | NSResizableWindowMask, backing: .Buffered, defer: false)
        windowArray.addObject(aWindow) //ウインドウを保持するための配列に追加。アプリ終了時に配列は破棄
        aWindow.center()//ウインドウをスクリーンの中心に
        aWindow.title = "ウインドウタイトル"//タイトル設定
        aWindow.orderFront(self)//前面に
        aWindow.makeKeyAndOrderFront(self)//表示
        var windowNumber : Int = aWindow.windowNumber
        NSLog("windowNumber = %d", windowNumber)
        //-> windowNumber = 2736
    }

編集時のバージョン

10.10