Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setLineFragmentRect:forGlyphRange:usedRect:baselineOffset:

行分割された矩形をセットする時に呼び出されます。
-(void)setLineFragmentRect:(NSRect)fragmentRect:
         forGlyphRange:(NSRange)glyphRange:
         usedRect:(NSRect)usedRect:
         baselineOffset:(float)baselineOffset:

解説

glyphRangeのグリフがfragmentRectへレイアウトされた場合ラインフラグメント矩形をセットします。
この前にwillSetLineFragmentRectが呼び出されます。

返り値

( void )

なし

引数

( NSRect )fragmentRect
( NSRange )glyphRange
( NSRect )usedRect
( float )baselineOffset

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSTypesetter

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

例文

//実際に行分割された矩形を描画する
- (void)setLineFragmentRect:(NSRect)fragmentRect forGlyphRange:(NSRange)glyphRange usedRect:(NSRect)usedRect baselineOffset:(float)baselineOffset
{
	NSLog(@"-setLineFragmentRect");
	[super setLineFragmentRect:(NSRect)fragmentRect forGlyphRange:(NSRange)glyphRange usedRect:(NSRect)usedRect baselineOffset:(float)baselineOffset];
}