Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setAlternateImage:

INDEX>AppKit>NSButton

ボタンを押し込んだときにボタンに表示される画像をセットします

apple(OS X)

-(void)setAlternateImage:(NSImage *)image:

解説

ボタンを押し込んだときにボタンに表示される画像をセットします。
behaviorがMomentary Changeになっている必要があります。
タイプによって代理の画像を表示しないボタンがあります。

返り値

( void )

なし

引数

( NSImage * )image

セットする画像

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSButton

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- setButtonType:
- setImage:

例文

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
	
	//開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *imgTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"tiff" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opImage       = [ NSOpenPanel openPanel ];
    //Imageを作る
    NSImage      *img;
    //OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;
	
	//OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opImage runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
									  file : @"Pictures" //どのどのファイルを選択しておくか
									 types : imgTypes ];//選べるファイルタイプ
	
    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら
        //NSImageを作ってファイルから読み込む
        img = [ [ NSImage alloc ] 
			   initWithContentsOfFile: [ opImage filename ] ];
		//ボタンにImageをセット
        [but1 setAlternateImage : img ];
        //but1の画像を取得してbut2にセット
        [but2 setImage : [but1 alternateImage] ];
	}
}

@end