Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

imagePosition

INDEX>AppKit>NSButton

ボタンの画像とタイトル文字の位置をセットします

Objective-C

var imagePosition: NSCellImagePosition

Swift

@property NSCellImagePosition imagePosition

解説

ボタンの画像とタイトル文字の位置をセットします。
【NSCellImagePosition】
● NSNoImage タイトルを表示しない
(Swiftでは設定はされたいますが、機能しません。)
● NSImageOnly 画像のみ
f:id:jjj777:20150228141236p:plain
● NSImageLeft タイトルの左に画像
f:id:jjj777:20150228141150p:plain
● NSImageRight タイトルの右に画像
f:id:jjj777:20150228141426p:plain
● NSImageBelow タイトルの下に画像
f:id:jjj777:20150228141035p:plain
● NSImageAbove タイトルの上に画像
f:id:jjj777:20150228140949p:plain
● NSImageOverlaps タイトルと画像を重ねる
f:id:jjj777:20150228141333p:plain


※画像を設定した後、タイトルのみにする方法がわからない...

返り値

( NSCellImagePosition )

画像とタイトルの位置

引数

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSButton

使用可能

10.0

参照


setButtonType: - Cocoa API解説(iOS/OS X)


setImage: - Cocoa API解説(iOS/OS X)


setTitle: - Cocoa API解説(iOS/OS X)

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
	
	//開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *imgTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"tiff" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opImage       = [ NSOpenPanel openPanel ];
    //Imageを作る
    NSImage      *img;
    //OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;
	
	//OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opImage runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
									  file : @"Pictures" //どのファイルを選択しておくか
									 types : imgTypes ];//選べるファイルタイプ
	
    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら
        //NSImageを作ってファイルから読み込む
        img = [ [ NSImage alloc ] 
			   initWithContentsOfFile: [ opImage filename ] ];
		//ボタンにImageをセット
        [but1 setImage : img ];
        [but1 setImagePosition : NSImageOverlaps ];
        //but1の画像を取得してbut2にセット
        [but2 setImage : [but1 image] ];
        //positionもセット
        [but2 setImagePosition : [but1 imagePosition] ];
        
        
        
	}
}

@end