Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-writeToURL:atomically:

INDEX>Foundation>NSString>

URLに書き込みます

■10.4以降非推奨writeToURL:atomically:encoding:error を使います。)

-(BOOL)writeToURL:(NSURL *)sender:
          atomically:(BOOL)atomically:

A4A5ランク限定 100%黒毛和牛 切り落とし1kg [訳あり]

A4A5ランク限定 100%黒毛和牛 切り落とし1kg [訳あり]

解説


URLに書き込みます
flagがYESだと別の名前で書きだしてからリネーム します。
NO直接書き込みます。

返り値

( BOOL )

書き込めたかYES/NO

引数

( NSURL * )sender

URL

( BOOL )atomically

安全に書き込むか(YES/NO)。YESの場合は、一旦別のファイルに書きだして、ファイル名をリネームします。

クラス

NSString

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

+ defaultCStringEncoding

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//testWritetext.txtのファイルが警告無しで下記変わるので注意!!!!

NSString *str1 = @"~/testWritetext.txt";
NSString *str2 = @"URLkakikomi";



if ([str2 writeToURL:[NSURL fileURLWithPath:[str1 stringByExpandingTildeInPath]] atomically:YES]){
[info setStringValue:@"YES"];
}
else{
[info setStringValue:@"YES"];
}

}

@end