Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

gState

INDEX>AppKit> NSWindow

レシーバーと関連するグラフィックス状態オブジェクトを返します

OBJECTIVE-C

  • (NSInteger)gState

Swift
func gState() -> Int

解説

レシーバーと関連するグラフィックス状態オブジェクトを返します。
このグラフィックステートは全てのNSViewでレシーバーのビュー階層でデフォルトとして使われます。
しかし、個々のNSViewはNSViewメソッド allocateGStateで作る事が出来ます。

返り値

( int )

整数値

引数

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

使用可能

10.0-10.10

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
[info setStringValue:[NSString stringWithFormat:@"gState %d",[myWindow gState]]];
}
@end
    //NSWindow gState
    @IBAction func function023(sender: AnyObject) {
        var aWindow : NSWindow = NSWindow(contentRect: NSMakeRect(0.0, 0.0, 300, 200), styleMask: NSTitledWindowMask | NSClosableWindowMask | NSMiniaturizableWindowMask | NSResizableWindowMask, backing: .Buffered, defer: false)
        windowArray.addObject(aWindow) //ウインドウを保持するための配列に追加。アプリ終了時に配列は破棄
        aWindow.center()//ウインドウをスクリーンの中心に
        aWindow.title = "ウインドウタイトル"//タイトル設定
        aWindow.orderFront(self)//前面に
        aWindow.makeKeyAndOrderFront(self)//表示

        NSLog("gState = %d", (aWindow.gState() ))
        
    }