Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

characterRangeForGlyphRange:actualGlyphRange:

指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します
-(NSRange)characterRangeForGlyphRange:(NSRange )glyphRange actualGlyphRange::
           actualGlyphRange:(NSRangePointer )actualGlyphRange :

解説

指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します。
10.4からNSTypesetterに移動しました。
Mac OS X v10.4以降使用不可です。

返り値

( NSRange )

引数

( NSRange  )glyphRange actualGlyphRange:

グリフ範囲

( NSRangePointer  )actualGlyphRange 

グリフ範囲

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSATSTypesetter

Instance Methods

使用可能

10.3

参照

-glyphRangeForCharacterRange:actualCharacterRange:

例文

//指定したグリフ範囲の文字列範囲を返します。

range = [atsTypesetter characterRangeForGlyphRange:NSMakeRange(1,100)
                        actualGlyphRange:&actualGlyphRange
                        ];

NSLog(@"characterRangeForGlyphRange %u,%u",range.location,range.length);