Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSSortDescriptorクラス

INDEX>Foundation>

apple(OS X)
apple(iOS)

解説

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 OS X 10.3以降
iOS 2.0以降
定義 NSSortDescriptor.h

概要

オブジェクトの並べ替えのためのルールを定義するクラスです。

作成

ソートデスクリプタの作成
キーと並び順でソートデスクリプタを作成するには(+ sortDescriptorWithKey:ascending)メソッドを使います。ソートする際に使う比較メソッドを指定したい場合には(+ sortDescriptorWithKey:ascending:selector)メソッドを使います。ソートする際にオブジェクトの比較をブロックで行う場合は(+ sortDescriptorWithKey:ascending:comparator)メソッドを使います。

selectorを使う場合

#pragma mark NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:ascending:
-(void)method006
{
    
    NSArray *anArray = [NSArray arrayWithObjects:@"aaa",@"cccc",@"bbb",@"a",nil];
    
    NSArray *descs = [NSArray arrayWithObject:[NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:@"length" ascending:YES selector:@selector(compare:)]];
    NSLog( @"%s %@",__FUNCTION__,[anArray sortedArrayUsingDescriptors:descs] );
    
    //=>(a,aaa,bbb,cccc)

    //NSString+Extractとしてカテゴリを作っている。comparePlus:というメソッドを作成済み。
    //これは単に文字の長さが長いかを比べるメソッド
    NSArray *descs2 = [NSArray arrayWithObject:[NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:@"description" ascending:YES selector:@selector(compareLength:)]];
    NSLog( @"%s %@",__FUNCTION__,[anArray sortedArrayUsingDescriptors:descs2] );
    //=>(cccc,aaa,bbb,a)
}

comparatorを使う場合

#pragma mark NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:ascending:
-(void)method007
{
    
    NSArray *anArray = [NSArray arrayWithObjects:@"aaa",@"cccc",@"bbb",@"a",nil];
    
    NSArray *descs = [NSArray arrayWithObject:[NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:@"length" ascending:YES selector:@selector(compare:)]];
    NSLog( @"%s %@",__FUNCTION__,[anArray sortedArrayUsingDescriptors:descs] );
    
    //=>(a,aaa,bbb,cccc)
    
    NSArray *descs2 = [NSArray arrayWithObject:[NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:@"description" ascending:YES comparator:^(id obj1, id obj2) {
        return (NSComparisonResult)[obj1 compare:obj2];
        }]];
    
    
    NSLog( @"%s %@",__FUNCTION__,[anArray sortedArrayUsingDescriptors:descs2] );
    //=>(a,aaa,bbb,cccc)
}

allocで作成後、初期化をする方法もあります。上記メソッドと同様の初期化メソッドです。(– initWithKey:ascending)(– initWithKey:ascending:selector)(– initWithKey:ascending:comparator

ソートデスクリプタについての情報

ソートデスクリプタが昇順か降順かを知るには(– ascending)メソッドを使います。昇順であればYESが返ります。ソートデスクリプタのソートキーを得るには(– key)メソッドを使います。ソートデスクリプタのセレクタを知りたい場合は(– selector)メソッドを使います。
ソートデスクリプタのNSComparatorを知りたい場合は(– comparator)メソッドを使います。

セレクタを得る

#pragma mark NSSortDescriptor selector
-(void)method010
{
    
    NSArray *anArray = [NSArray arrayWithObjects:@"aaaaa",@"aaa",@"a",@"aa",@"aaaa",nil];
    
    NSSortDescriptor *desc = [NSSortDescriptor sortDescriptorWithKey:@"length" ascending:YES];
    NSArray *descs = [NSArray arrayWithObject:desc];
    NSArray *sortedArray = [anArray sortedArrayUsingDescriptors:descs] ;
    NSLog( @"%s %@ %@",__FUNCTION__,NSStringFromSelector([desc selector]),sortedArray );
  
}

ソートデスクリプタを使う

ソートデスクリプタを使ってオブジェクトの比較をするには(– compareObject:toObject)メソッドを使用します。
逆順の新しいソートデスクリプタを返すには(– reversedSortDescriptor)メソッドを作ります。

適合するプロトコル

メソッド

ソートデスクリプタについての情報を得る

– ascending
– key
– selector

ソートデスクリプタを使う

– compareObject:toObject
– reversedSortDescriptor

ソートデスクリプタのためのNSComparatorを作成

– comparator

サブクラス化の注意