Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

application:openFile:

ファイルがドロップされたときに呼び出されます
-(BOOL)application:(NSApplication *)theApplication:
                  openFile:(NSString *)filename:

解説

ファイルがドロップされたときに呼び出されます。
デリゲートでオーバーライドして使います。
ターゲット アプリケーション設定 書類のタイプで設定しておかないとドロップできません。
すべてのファイルの場合は"****"

返り値

( BOOL )

うまくいったかYES/NO

引数

( NSApplication * )theApplication

アプリケーション

( NSString * )filename

ファイル名

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSApplication

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller
//File's ownerのデリゲートにこのクラスが接続されている
//ターゲット アプリケーション設定 書類のタイプ 役割Editer 拡張子"****" OSタイプ"****"を設定してある
/*
InfoPlistに設定
<key>CFBundleDocumentTypes</key>
	<array>
		<dict>
			<key>CFBundleTypeExtensions</key>
			<array>
				<string>****</string>
			</array>
			<key>CFBundleTypeName</key>
			<string>dropFile</string>
			<key>CFBundleTypeOSTypes</key>
			<array>
				<string>****</string>
			</array>
			<key>CFBundleTypeRole</key>
			<string>Editor</string>
		</dict>
	</array>
*/
-(BOOL) application : (NSApplication *)theApplication openFile:(NSString *) filename
{
	if (filename != nil){
		[info setStringValue:filename];
		return YES;
	}else{
		return NO;
	}
}


@end