Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSFileManagerクラス

INDEX>Foundation>

apple(mac)
apple(iOS)

解説

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 Mac OS X v10.0以降
iOS 2.0以降
定義 NSFileManager.h

概要

ファイルシステム操作を実行します。

初期化

インスタンスを初期化して返します。
– init

プロセス用に共有ファイルマネージャーオブジェクトを返します。
ファイルベースの操作の完了の通知を受け取るためにはinitメソッドを使用して新しいNSFileManagerのインスタンスを作成する必要があります。
+ defaultManager

システムディレクトリの場所

見つけてドメイン内の指定された共通のディレクトリを作成します。
– URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error

要求されたドメイン内の指定された共通ディレクトリのURL配列を返します。
– URLsForDirectory:inDomains

コンテンツディレクトリの場所

指定したディレクトリの浅い検索を実行して含まれている項目のためのURLを返します。
– contentsOfDirectoryAtURL:includingPropertiesForKeys:options:error

指定したディレクトリの浅い検索を実行しそれに含まれている全てのアイテムのパスを返します。
– contentsOfDirectoryAtPath:error

指定したURLでディレクトリの深い列挙を実行するために使用することができ、ディレクトリ列挙しオブジェクトを返します。
– enumeratorAtURL:includingPropertiesForKeys:options:errorHandler

指定したパスのディレクトリの深い列挙を実行するために使用することができ、ディレクトリ列挙しオブジェクトを返します。
– enumeratorAtPath

コンピュータ上で使用可能なマウントされたボリュームを識別するURLの配列を返します。
– mountedVolumeURLsIncludingResourceValuesForKeys:options

指定したディレクトリの深い列挙を行い、含まれている全てのサブディレクトリのパスを返します。
– subpathsOfDirectoryAtPath:error

指定されたディレクトリ内の全ての項目のパスを識別する文字列の配列を返します。
– subpathsAtPath

アイテムの作成と削除

指定したURLで指定された属性を使用してディレクトリを作成します。
– createDirectoryAtURL:withIntermediateDirectories:attributes:error

指定されたパスに指定された属性を使用してディレクトリを作成します。
– createDirectoryAtPath:withIntermediateDirectories:attributes:error

指定された場所に指定下内容と属性を持つファイルを作成します。
– createFileAtPath:contents:attributes

指定したURLのファイルまたはディレクトリを削除します。
– removeItemAtURL:error

指定されたパスにあるファイルまたはディレクトリを削除します。
– removeItemAtPath:error

データの損失発生が補償されていない方法で指定されたURLにある項目の内容を置き換えます。
– replaceItemAtURL:withItemAtURL:backupItemName:options:resultingItemURL:error

アイテムの移動とコピー

同期して新しい場所に指定したURLのファイルをコピーします。
– copyItemAtURL:toURL:error

同期して新しい場所に指定されたパスにアイテムをコピーします。
– copyItemAtPath:toPath:error

同期して新しい場所に指定されたURLにあるファイルまたはディレクトリを移動します。
– moveItemAtURL:toURL:error

同期して新しい場所に指定されたパスにあるファイルまたはディレクトリを移動します。
– moveItemAtPath:toPath:error



iCloudベースの管理

指定したURLの項目はクラウドに格納されるべきかどうかを設定します。
– setUbiquitous:itemAtURL:destinationURL:error:

ローカルシステムに(必要ならば)指定されたアイテムのダウンロードが開始されます。
– startDownloadingUbiquitousItemAtURL:error:

項目はiCloudストレージの対象としているかどうかを返します。
– isUbiquitousItemAtURL:

指定されたコンテナ識別子に関連づけられているユビキティ(iCloud)コンテナのためのURLを返し、そのコンテナへのアクセスを確立します。
– URLForUbiquityContainerIdentifier:

それらはクラウドベースのアイテムにコピーをダウンロードできるようにするユーザーに電子メールで送信することができるURLを返します。
– URLForPublishingUbiquitousItemAtURL:expirationDate:error:

指定されたクラウドベースのアイテムのローカルコピーを削除します。
– evictUbiquitousItemAtURL:error:

シンボリックリンクとハードリンク

指定された宛先を指しているシンボリックリンクを作成します。
– createSymbolicLinkAtURL:withDestinationURL:error:

指定されたURLにシンボリックリンクを作成し、指定されたURLにある項目を指します。
– createSymbolicLinkAtPath:withDestinationPath:error:

指定されたURLにある項目の間にハードリンクを作成します。
– linkItemAtURL:toURL:error:

指定されたパスにあるアイテム間のハードリンクを作成します。
– linkItemAtPath:toPath:error:

シンボリックリンクが指す項目のパスを返します。
– destinationOfSymbolicLinkAtPath:error:

ファイルへのアクセス

ファイルまたはディレクトリが指定されたパスに存在するかどうかを示すブール値を返します。
– fileExistsAtPath:

ファイルまたはディレクトリが指定されたパスに存在するかどうかを示すブール値を返します。
– fileExistsAtPath:isDirectory:

ファイルを読むことができるかを返します。
– isReadableFileAtPath:

指定したファイルは書き込み可能かどうかを返します。
– isWritableFileAtPath:

指定したファイルは実行可能かを返します。
– isExecutableFileAtPath:

呼び出すオブジェクトが指定されたファイルを削除することができるかどうかを返します。
– isDeletableFileAtPath:

属性の取得と設定

指定されたパスのユーザーに見えるコンポーネントを表す文字列の配列を返す。
– componentsToDisplayForPath:

指定されたパスにあるファイルまたはディレクトリの表示名を返します。
– displayNameAtPath:

指定されたパスにあるアイテムの属性を返します。
– attributesOfItemAtPath:error:

与えられたパスが存在しているマウントされたファイルシステムの属性を記述した辞書を返す。
– attributesOfFileSystemForPath:error:

指定したファイルまたはディレクトリの属性を設定します。
– setAttributes:ofItemAtPath:error:

ファイル内容の比較

指定されたパスにファイルの内容を返します。
– contentsAtPath:

指定されたパス内のファイルまたはディレクトリの内容が同じかどうかを示すブール値を返します。
– contentsEqualAtPath:andPath:

ファイルパス文字への変換

正しくファイルシステムで使用するためにUnicode文字列をエンコードし、指定されたパスのC文字列表現を返します。
– fileSystemRepresentationWithPath:

その内容は指定されたC文字列のパスから導出されるNSStringオブジェクトを返します。
– stringWithFileSystemRepresentation:length:

デリゲートの管理

デリゲートをセットします。
– setDelegate:

デリゲートを返します。
– delegate

カレントディレクトリの管理

指定されたパスへカレントディレクトリのパスを変更する
– changeCurrentDirectoryPath:

プログラムのカレントディレクトリのパスを返します。
– currentDirectoryPath


適合するプロトコル

メソッド

ファイルマネージャーを作成

– init
+ defaultManager

iCloudベース項目の管理

– setUbiquitous:itemAtURL:destinationURL:error:
– startDownloadingUbiquitousItemAtURL:error:
– isUbiquitousItemAtURL:
– URLForUbiquityContainerIdentifier:
– URLForPublishingUbiquitousItemAtURL:expirationDate:error:
– evictUbiquitousItemAtURL:error:

シンボリックリンクとハードリンクの作成

– createSymbolicLinkAtURL:withDestinationURL:error:
– createSymbolicLinkAtPath:withDestinationPath:error:
– linkItemAtURL:toURL:error:
– linkItemAtPath:toPath:error:
– destinationOfSymbolicLinkAtPath:error:

属性の取得とセット

– componentsToDisplayForPath
– displayNameAtPath
– attributesOfItemAtPath:error:
– attributesOfFileSystemForPath:error:
– setAttributes:ofItemAtPath:error:

ファイル内容の取得と比較

– contentsAtPath
– contentsEqualAtPath:andPath

文字列とファイルパスの変換

– fileSystemRepresentationWithPath
– stringWithFileSystemRepresentation:length:

デリゲートの管理

– setDelegate:
– delegate

現在のディレクトリの管理

– changeCurrentDirectoryPath
– currentDirectoryPath

廃止されたメソッド

– changeFileAttributes:atPath iOS 2.0で廃止
– createDirectoryAtPath:attributes iOS 2.0で廃止
– createSymbolicLinkAtPath:pathContent iOS 2.0で廃止
– directoryContentsAtPath iOS 2.0で廃止
– fileAttributesAtPath:traverseLink iOS 2.0で廃止
– fileSystemAttributesAtPath iOS 2.0で廃止
– pathContentOfSymbolicLinkAtPath iOS 2.0で廃止
– fileManager:shouldProceedAfterError: delegate method iOS 2.0で廃止
– fileManager:willProcessPath: delegate method iOS 2.0で廃止



linkPath:toPath:handler

copyPath:toPath:handler

サブクラス化の注意

引数

参照