Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setLevel:

ウインドウの前後関係の位置をセットします
-(void)setLevel:(int)newLevel:

解説

ウインドウの前後関係の位置をセットします。
【ウインドウレベル】
● NSNormalWindowLevel 初期設定のウインドウレベル
● NSFloatingWindowLevel フローティングパレットと同じレベル
● NSSubmenuWindowLevel  サブメニューのレベル。NSTornOffMenuWindowLevelと同じ
● NSTornOffMenuWindowLevel torn-off メニューのレベル。NSSubmenuWindowLevelと同じ
● NSMainMenuWindowLevel アプリケーションのメインメニューと同じ
● NSModalPanelWindowLevel モーダルパネルのレベル
● NSPopUpMenuWindowLevel ポップアップメニューのレベル
● NSScreenSaverWindowLevel スクリーンセーバーのレベル
● NSStatusWindowLevel ステータスウインドウのレベル

返り値

( void )

なし

引数

( int )newLevel

レベル

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- level
- orderWindow:relativeTo:
- orderFront:
- orderBack:

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
    [myWindow setLevel:NSSubmenuWindowLevel];
}
@end